スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱこんなのも好きだわ・・・

昨夜はエントリーしようと画像の整理をしたところで力尽きてしまった

【昨日のお仕事】
前の日に刈った草を集めて固まりにして一輪車で裏まで運ぶ。
4、5台運んで大方片付いたので
DSC04572-1.jpg

これまた前日に伐った枝を大まかな長さに伐って斜面の上へ運ぶ。
DSC04574-1.jpg

残りの枝はあと3本。
DSC04575-1.jpg


残りの枝を伐る前に先ほど運んだ枝の整理をする。
そのまま捨て置いて朽ちるのも次の世代への糧となるのだが
せっかくだから何か役立てればと思った。
その方が樹も喜んでくれる気がする。

自宅の方では薪ストーブを使っているようなので
40㎝くらいに刻んで薪を作る。
DSC04577-1.jpg

一応チェーンソーも倉庫にあるのだが、随分動かしていないので
オーバーホールしなくてはならないかもしれないし、
何かとめんどくさいので持ってこなかった。

刻んだ枝を『うりゃ!』っと鉈で半割りにする。
DSC04579-1.jpg

使っている鉈は両刃の鉈だ。
片刃の鉈もあるのだが、どうもこちらの方が使いやすくて
腰道具のベルトの指定席はずっとこの鉈だ。
DSC04580-1.jpg

15、6年前に山の中で拾って、それからずっと使わせてもらっている
DSC04582-1.jpg

昔、砥いでいる時に親指の第一間接を切ってしまい
ゼラチン質のものが出てきた時があった
当然血が出たので押さえていたら一瞬目の前が真っ暗になって
椅子から転げ落ちた。
後にも先にも気が遠くなったのはこの時だけだった。
DSC04583-1.jpg

・・・なんつって。
ほんとは『うりゃ!』なんつって割ってるのはウソで
丸ノコで縦に切れ目を入れてから
DSC04584-1.jpg

鉈を切れ目に入れて
DSC04585-1.jpg

ハンマーで背の部分を交互に叩いて下まで割っているだけだ
DSC04586-1.jpg

だははは

ものを造っている事は勿論好きだし、
前世があるのなら、きっとそんな生き方もしていたんだろうけど、
こんな風に山?で樹を伐ったり、伐った枝を薪にしたり下草を刈ったり、
藪をはらったりしていると『他の前世ではきっと山の仕事もしていた』・・・ような気もする。
虫に刺されようと、草にかぶれて痒くなろうと、斜面から転げ落ちようと
こんなのもおれは大好きなのだ。


残りの枝を伐る為に樹上へ登る。
DSC04589-1.jpg

枝が無くなったので前日より更に絶景だ。
DSC04592-1.jpg

こちらも地面まで何も無くなって絶景だ

DSC04593-1.jpg

       ちょっと怖い
       DSC04594-1.jpg

1本目はかなり長く建物の方へ張り出しているので
ロープをかけて急に落ちないようにしてから伐る。
大成功そろそろと降りてくれた。
2本目は細いのですぐに切れた。

厄介なのは3本目。太いし方向が駐車場の方へ延びているので慎重に伐り始める。
太いのでなかなか伐れず腕や肩に乳酸が溜まってくる。
最後の部分がなかなか離れてくれない。
無事に伐れるように樹の幹にキスをして『うまく伐らせて』とお願いした。
けどこの樹が女とは限らないので、もしかしたら逆効果だったかも・・・。

突然!『ストンッ!』と言う感じで伐れて
脚立の上の右足の甲を直撃して下まで落ちた。
ロープを下の木に縛るのをめんどくさかったのでやらなかったせいだ。
・・・と、キスしたせいかも・・・
DSC04596-1.jpg

『あいたたぁああ』思わず叫んだら、丁度オーナーさんご夫妻が
駐車場に居たようで心配して声をかけてくれた。
落とした木の枝が塞いでおれの姿が見えなかったので、
おれが落ちたと思っているようだった。
心配ないよう伝えながら樹から下りて顔を見せる

とりあえず無事?に全部伐れた。
最後に落とした枝は根元はやっぱり直径で15、6㎝位あった。
重さも相当なものだ。
DSC04598-1.jpg

見上げると暮れかかった青空がしっかり見えた。
DSC04599-1.jpg

樹だって伐られればやっぱり痛いと思うので、
いつもなるべく下側の皮を剥がずに伐れるように気をつける。
先に下側にも切り込みを入れておくのは当然の事だと思う。

前にテレビで芸能人がチェーンソーで2、3m上から出ている
直径が10cm位の枝をはしごに乗って伐っていた。
結構アウトドア系の番組をやっている人だが
枝の下に切込みを入れていなかったせいで
枝を伐ったらそのまま下側の樹皮までベロンと剥いでしまっていた。
とても痛そうで伐られた樹が、なんだかかわいそうな気がした。

勿論おれだって失敗する時はあるけど、極力、後も痛くないような
伐り方が出来ればと思う。
DSC04601-1.jpg

今回は何となくうまくいったかな?

この記事へのコメント

- こじぞう - 2006年09月03日 11:54:14

DERI!さん、こんにちは。
まじすか!v-405
おりゃ、またてっきり関節の軟骨か
関節部の緩衝材を役割をするようなものだと
思ってました。
って軟骨っつうのも変ですがv-390
いまだにその時の傷が右の親指の第一関節に
あります。

・・・それ、脂肪ですよ。 - DERI! - 2006年09月03日 00:40:52

歯科用メスでスッパリ・・・やった時、「それ・・・」にはお目にかかりますた。
傷口を縫った外科医がヘタクソで、いまだに段違い平行棒・・・

- こじぞう - 2006年09月02日 07:50:14

四季のカントリーライフさん、おはようございます。
山好きなのはブログを拝見していれば
よく判りますよv-410
山の仕事は危険なところが
また魅力でもありますね。

おはようございます - 四季のカントリーライフ - 2006年09月01日 10:34:48

今日から、9月ですね。
昨日の快晴から一転しての雨で寒くなってきました。
実は私も山の仕事が大好きで。と言うより
山が大好きで、9月からは山登りと、キノコ狩りと、薪作りといよいよ忙しくなってきます。
危険な仕事ですが、楽しんでやれれば良いですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

こじぞう

Author:こじぞう
いろいろつくりまふ。むふふ
趣味・プライベート記事の
こちらのブログもよろぴくね!
『こじぞうの なちゅらる はいぃ!』



お手数でございますが
初めてお見えになった方は
『はじめに…(序章)』
をお読み頂ければ幸いにございます。

記事に関係するコメント
・トラックバックは大歓迎!
どしどしお寄せ下さいませ。

※それ以外のスパムコメント
・トラックバックは容赦なく
削除いたします※









※ブログ内の画像はクリックすると
大画像になります。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログリンク
ブログランキング リンク
オフィス・ショップHP リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
FC2無料サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。