スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたくしごと・・・③

今日は平板切ったでけなんで製作日誌はお休みしまぁす

代わりに他の記事のエントリーでなかなか書けなかった
『わたくしごと…③』を書きまする

お待たせしててすみません
えっ?なに?待ってねぇって?
待ってなくても書いちゃうもんね
てへへへ

まだ読んでない方で、お時間や何となく興味のある方は
このおバカではた迷惑な奴の今まで歩いてきた道程(みちのり)をざぁっと書いた
『わたくしごと…①』『わたくしごと…②』をご覧になって笑ってやっておくんなまし

って、また前置きが長いよ

と言うわけで兄貴からの電話での内容からとりあえず話しを聞こうと、
その喫茶店のママさんに連絡を取って、まぁ面接っつうかとにかく
うかがったわけでございます。

元々マスターとママさんと2人の娘さんとでお店を切り盛りしてたんですが、
パラグライダースクールを始めようと色々、準備している時でございました。

兄貴の言ってた『どうしても』と言う感じとは若干ニュアンスは違っておりましたが
色々お話しをして、とにかく就職先が決まったわけでございます。

仕事は・・・ってぇと喫茶店の厨房でございます。

実はこの間書くのを忘れてましたが、実家のスタンドへ戻った時に
夜は喫茶店のカウンターとホールのバイトをしてた事もありまして、
バイク屋をやる前、30歳くらいになったら飲食店をやりたい
なんて漠然と考えてたのもあったし、おまけにアウトドアに
関連した仕事も出来そうで渡りに船と言うか、
何よりバイトじゃない事が一番でございました。

それともう一つ、もう夜中に眠い目をこすりながら
はぁ~』と渋々行っていた
『もやし工場へはもう行かなくても良いんだぁ
ということが嬉しゅうございました。

早速、それぞれのバイト先に事情を説明して
切りのいいところで辞めさせて頂く事にいたしやした。
『またお店に食べに行くよ』と
みなさん、快く送り出してくださいました。



アパートにいる時分には自分で弁当作ってたり
自炊してたんで一応料理は出来ましたが、飲み屋さんも
前に居た喫茶店もカウンターやホールだったんで
仕込みやちゃんとした調理なんざぁやった事がねぇ訳ですな。

んで、下の娘さんがおれの先生になって色々教えてくれたわけでございます。
おれより7、8つ年下でございますが、当時は二十歳になるか
ならないか位だったと思いますが、若いのにしっかりした
いい娘でございましてなぁ。
まぁ、とにかくそんなわけで、また新たな仕事が始まったわけで
ございます。

すんげぇ長くなったんで、後半へ続けます。
今の仕事につながる最初の時期なんで、ちょっと詳しく書いておきます 最初は確か2時か3時頃から仕込みに入ってたと思いますが
ある日の昼間、まだ作りかけのスクールのエリアに
マスターの手伝いに行ったわけです。
確か7月位の蝉が啼いている暑い日でございました。


整備途中の練習場予定地の斜面の脇の白樺が沢山生えてて、
以前からあった小屋のある広場へ行くと
マスターは伐採した樹の皮むきをしちょりました。

そんでおれも見よう見まねで手伝いだしたんですが、とにかく暑いわけです。
もともと汗かきなんで、じきにタンクトップは汗でぐしょぐしょ、
そんなところに剥いた皮の破片が飛んでやたら痒いんでございます。
つうことで上半身裸になって始めたんですな。

その日から昼間も手伝う、っつうか仕事する事になったんだけど
エリアで仕事してるときは殆ど上半身裸で過ごしてました
流石に秋になると素肌にMA-1のベストだけ着てましたがぁ・・・

この頃はほんとに毎日エキサイティングでございまして、
昼間は上半身裸で腰にはいつもボウイナイフと鉈を吊るして
身体中傷だらけになりながら山中を走り回ってました。

練習場のテイクオフするところをお父さんと2人で人力で整地したり、
(今でもそうですがいつしかマスターはお父さん、ママさんはお母さんと読んでました)

山頂のテイクオフエリアを作る時は、信州大学の森林工学の
生徒さんたちと2、30m位はある樹の伐採したり、
(この時も上半身は裸で藪の中もガンガン走ってました)
とにかく土方や樵が楽しくて楽しくて・・・
特に樹を切ることは後にマイチェーンソーを買うくらい好きで
④に書きますが森林組合に就職しようと思ったくらいです。

オープンしてしばらく経ってから大会を開催した時は
山頂のテイクオフエリアのカラマツ4本の天辺に
(斜面の下側だと多分35mくらいになると思う)
吹流しを付けに命綱無しで昇ったり、
近くにある貯水池に(この池の水が山の水なんでめちゃ冷たい)潜ったり、
毎週、キャンプしてたし・・・霊感の強い奴らとキャンプした時は
聞こえないはずの声を聞いたり・・・。
パラで練習場の上段から飛んでもう少しで樹に激突しそうになったり・・。
(結局、なかなか時間が無く飛んだのはこの時だけでしたが・・・)


スクールがオープンしてからは、昼間はお客さんを山頂までの送迎や
エリアの整備したり、たまに樹に引っ掛かった人のパラを
登って外したり、夜は喫茶店の厨房をやるわけです。

娘さん2人が主にスクールの講師をやってたんで、おれは
一足先に2時か3時頃、昼の部を終え、一度家に戻り着替えて
4時か5時頃仕込みをしにお店へ行く・・・そんな毎日でした。

やがて秋も過ぎ、山にも雪が降って昼間の外での仕事はあまり
出来なくなりました。

徐々に大きくなる娘を見ると、休みも平日だったり
朝に晩に家に居ない事が何となく切ない気にもなってきたし、
そんなこんなで仕事に入る時間に遅れることも度々あったと思います。

この頃から何となく気まずい雰囲気も感じ、かみさんとも相談して
年が明けた頃、マスターとママさんに辞めたいと告げました。

話しをするとその頃のおれの態度もあってか判っていたようです。

子供も小さいし生活もあるから次の仕事が決まるまでは
うちに来てていいよと言う、ありがたい配慮も頂いて
再び就職活動を始めたのでございます。
28歳の冬でした。
④に続くぜぇ~
やべぇっ!ワールドカップの開会式が・・・

この記事へのコメント

- こじぞう - 2006年06月11日 15:02:59

ZENRA-MANさん、こんにちは。
このシリーズは皆様の食いつきが良い
気がするので出来る限り続けますv-389
しかし10000回だと幾つまで生きてなきゃ
いけねぇんだろうか?v-12

細切れにすりゃ出来そうだけど
そりゃ、あまりにも姑息っちゅう
もんでございますなぁv-390
たはは

- ZENRA-MAN - 2006年06月11日 10:50:39

俺は、この話が10000回続くことを密かに期待していますw

- こじぞう - 2006年06月10日 09:19:43

ジェロさま、おはようございますv-425
しょうもないものをお読みいただき
感謝しておりますよv-421
ありがとうございますv-435

続きはおいおい・・・。

えっ - ジェロ - 2006年06月10日 00:01:10

えっ終わりかよ!

また,うまいなぁ
話の続け方が

続きが読みたい♪

トラックバック

cacchao.net - 2007年06月16日 00:26

ボウイナイフ といえば

こんなものもありますよ。ぜひお越しください!

ボウイナイフ? - 2007年06月08日 23:37

ボウイナイフ といえば

こんなのもありますね。

集まれ武器マニア - 2007年03月08日 21:32

集まれ武器マニアの『ボウイナイフ』について

ボウイナイフボウイナイフ (Bowie knife) は、ナイフの一種で、刃長20-30cmのクリップポイント、しっかりしたダブルヒルトを持った大型のシースナイフ(鞘付きナイフ)。西部開拓時代に武器と作業用の道具を兼ねて盛んに使われた。正確な定義は大型のダガータイプを含め諸説

URL :

プロフィール

こじぞう

Author:こじぞう
いろいろつくりまふ。むふふ
趣味・プライベート記事の
こちらのブログもよろぴくね!
『こじぞうの なちゅらる はいぃ!』



お手数でございますが
初めてお見えになった方は
『はじめに…(序章)』
をお読み頂ければ幸いにございます。

記事に関係するコメント
・トラックバックは大歓迎!
どしどしお寄せ下さいませ。

※それ以外のスパムコメント
・トラックバックは容赦なく
削除いたします※









※ブログ内の画像はクリックすると
大画像になります。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログリンク
ブログランキング リンク
オフィス・ショップHP リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
FC2無料サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。