スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたくしごと・・・⑫(ようやく本編)

大騒ぎしていた2000年問題も、さして影響は出ず
年も明け新世紀・21世紀となったが、
テレビや雑誌、映画やテレビ漫画(当時はアニメをこう呼んでたと思う)で見た
宇宙旅行の旅客機も超高層ビルを縫うように空中に伸びる透明のチューブも
空を飛ぶ車も10万馬力のロボットが活躍するような
小さい頃、夢見たような未来世界は無く、まだまだ先の話になりそうだったし、
そもそも、これから先その様なものが必要で造られていくのか判らないほど
地球は病んでいた。
(地球でなく人類だと思うが・・・)

何より人の営みは30数年前とさして変わらず、便利になった事もあるにはあるが
情緒もなくなった生きていき難い殺伐とした世の中となっていた。

それでも前年に借り入れも出来、金銭的な不安感も払拭され(一時的なものだったが・・・)
我が家は穏やかで久しぶりに少しばかり贅沢な気分の正月を迎えていた。
正月休みのうちには前年の秋に行った『ジャパンガーデニングフェア』
出展していた業者さんと初めての取引の為、
ストックヤードへ資材を見がてら家族と共に小旅行なども楽しんだ。
と言っても世間様で言うような優雅なものでなく、
あくまで我が家の基準の贅沢であり、おそらく他所様から見れば
贅沢でも何でもないようなほんとにささやかなものだった。

仕事の方は正月休み明けから前年同様、S工業から現場代理人を頼まれていて
年度末となる3月まではひとまず安心だった。
と言っても気持ちは庭の仕事へ傾いてもいたし施工業者も変わって
少しばかり手もかかったので正直あまり乗り気でもなかったが
借り入れ金の返済も始まったので背に腹も変えられず
いろんな意味で早く春が来ないかと日々の仕事をこなしていた。

とは言うものの前年同様、同じ内容の仕事ながらサラリーマン時代とは
全然違う感覚に我ながら何と現金な生き物だろうと思った。

下水の本管工事を2現場をこなし3月の上旬には書類の整理も終わり
シーズンを前に前年の10月頃【Heart’s Ease】の先生から紹介された
Ⅰ様のお宅の設計やS組の専務が振ってくれる仕事の設計や見積もり等
すぐにお金にはならないがやらなければ絶対お金に繋がらない仕事を
少々不安感と焦り感じながらやっていた。

本来ならそれほど不安感や焦りを感じなくても良さそうなこの時期
何故そんな状況に陥っていたのか・・・

当時の国金の返済額は平均      約64,000円、
住宅ローン関係の返済が       約70,000円(ボーナス払い別)
車のローンが2台分で        約59,000円、
自宅の下水工事の借入金の返済が   約12,000円
仕事を始めるのに買った備品のローン 約11,000円
以前事故ッた時

A君のバイクの弁償費のローン   約15,000円
銀行系のキャッシングの返済が    約30,000円
信販系・消費者金融系の       
キャッシングの返済が        約48,000円
(自分のだけではないが・・いわゆる
名義貸しの分が不定期だったので) 

水道光熱費・税金・保険       約70,000円
食費など生活費

毎月最低限必要な金額が〆て      約379,000円 
 
うへぇ~書いてて気持ち悪きなってきた
既にこの時点で我が家の経済は破綻していたのである
って気づけよおれ   
さらにこの月がたまたま車検だったの約100,000円
その他現金で買った備品や工具類や以前個人的に借りていたお金の返済
仕入れや外注費などもあって通帳の預金残高はどんどん減っていった。

そりゃ当たり前だ・・・のクラッカー

まぁ、当時はバイトでもそれなりに稼げたのでどうやらこうやら
何とか?なって?(幻想)いたし、
とにかく大きな仕事が入れば何とかなると思っていた。
おバカ・アホ・ドジ・マヌケ・ち○か○・短○・包○・○漏・・・
ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせかけても足りないくらいである。
丼勘定もいいところで、もはや経営者とか自営業者とか
とてもじゃないが言えたもんぢゃぁない・・・状態だったのである。

それにも輪をかけて更に残高が減るような事を、既にこの時点でしていたのだった・・・。 実はこの時点で実家に借り入れ金の一部(確か100万位だったが)を
一時という事で都合していたのだった。
もちろん以前お店やった時やその後も何かと援助してもらっていたので
親孝行なんて瀟洒なつもりでしばらく貸しておくつもりだった。
しかし、もはやその数年前から個人経営のガソリンスタンドが
生き残れるような時勢でもなかった。
勿論、今でも立派に生き残っているところもあるが・・・。

まだ次の仕事もその時点では完全に決まっていたわけでは無かったので
かなりナーバスになり設計や見積もりしていても不安感でいたたまれなくなって
何やかやと親父に催促と文句の電話を入れた事もあった。

今にして思えば親父も息子からきつい事を言われ本当に辛かった思う。
親父が自分と同じ年齢だった事を考えると、おれは一体なにやってるんだろう?

我が娘や息子、またかみさんに親父が当時おれ達にしてくれていた事の
1/10も出来ていない・・・なんて最近よく考える。

- 閑話休題 -

とは言え見積もりや設計依頼は以前の会社の同僚や知り合いからも入ってきて
4月は何かと事務処理に忙しいまま殆どお金にはならず
運転資金を食いつぶしていった。

月が明け5月になると本格的なシーズンとなり、あちこちから仕事が入ってきた。
高校の時の先輩や以前の会社の後輩、そして昨年からプランニングしていた
Ⅰ様のお宅もOKが出て中旬くらいから2、3現場掛け持ちの忙しい状況になった。
Ⅰ様のお宅も含め張り芝など1日で3件ほど回ったりで本当にバタバタと忙しく
昼飯も5分ほどで済ませ朝から晩まで仕事していた。
見積もりの依頼も増えて現場が終わると夜は設計と見積もりと言う生活になってきた。

一ヶ月ほどでⅠ様邸のアプローチとフロントヤードも完成し、
先日新たに塗ったSんちの壁も丁度この頃、塗っていたわけだ。 
おじさんが定年になり東京からこちらへ戻ってきたおばちゃんちのウッドデッキ
も外注に頼んで施工してもらったり、S組の専務の急ぎの仕事を手伝ったり
新たな仕事を頂いたりしていた。

そんな次のまとまった現場は専務から『やるかぁ?』と言われた
自分が生まれ育った町でのM様邸での仕事だった。
当時専務のところでよく施工していた大手ハウスメーカーの
外構の設計部の課長のKさんが設計し、
S組と専務が外注など手配し、またKさん自身もパーゴラ等施工すると
いう事だった。
話しによるとKさんの奥様とMさんの奥様のお姉さんが
同級生のようで家族ぐるみのお付き合いをしているそうだ。


おれの仕事は漉き取りと砕石の基礎、ソイルレンガ敷きのアプローチから続く
通路の区切りや花壇用の枕木の据付、高さをランダムに立てる目隠しの枕木、
レンガベンチの台座などだった。座面はKさんがデッキ材で造るようだった。
実はレンガのベンチを造るのは、この時が初めてだった。

6月20日から現場へ入り漉き取りから始めたのだが、
夕方、ちょっとした不注意でバックのバケットで壁の一部を傷つけてしまった。

壁自体は後で直せる旨を専務に報告し、
とにかくお施主さんにお詫びをしなければと思い
片付けをしながら待っていると奥さんらしき人が戻ってこられた。
車から降りてきたその顔を見てほんとにビックリした
なんと保育園の頃のおれの初恋のMちゃんだった。
保育園、小学校の途中まで好きだったが結局この初恋は
当然のことながら実る筈もなかった。

あちらも驚いたようで
『えぇ?こじぞう君?なんでこんなとこにいるの?』
『そうだよ、去年から自分で始めたところ。ほんとに久しぶり
思わぬ形での再開に少々緊張した。
確か21くらいの時からだから15、6年ぶりだろうか?

勿論、彼女は既に結婚していて車からは双子ちゃんが元気よく降りてきた。
高校の英語教師をしているようだった。
そういえば昼間、彼女のお母さんが何度か車で通ってこちらを見ていたが
まさかお施主さんだったとは・・・。

まずは壁の件を詫び家の話しをしていると、
設計したのはやはり同級生のAのようだった。
自分の地元での仕事といい色々と不思議な縁を感じ何だかとても面白かった。

話しは変わるが実はこの時取り外した鉄骨のゲートは
今うちの玄関の前にあるものだ。

その日は『それじゃ明日からまたお願いします』と自宅へ戻り
かみさんにその日の出来事を話した。

翌日も当然、朝からMさんのお宅での仕事だった。

バックに乗って漉き取りなどしていると、10時頃、
かみさんから『大変な事になった・・・』と携帯に電話があった。
一瞬、親父の顔が浮かんで何だかざらついたような嫌な予感がしたが、
気を取り直し『どうした?』と問いかけた・・・・。

この記事へのコメント

トラックバック

旅行保険を上手に使い分ける - 2007年09月13日 13:01

海外旅行保険の内容

海外旅行、とても楽しいですよね。自分の知らない文化や環境に触れることができて、大きな勉強になります。吸収できるものも多いと思いますし、出来ればドンドン出かけて行きたいです。もちろん費用が許す限りですが(笑)そして、その海外旅行を心の底から楽しむために、...

å??Ω??? - 2007年09月03日 13:48

???Τä?μ

???Τä?μ

URL :

プロフィール

こじぞう

Author:こじぞう
いろいろつくりまふ。むふふ
趣味・プライベート記事の
こちらのブログもよろぴくね!
『こじぞうの なちゅらる はいぃ!』



お手数でございますが
初めてお見えになった方は
『はじめに…(序章)』
をお読み頂ければ幸いにございます。

記事に関係するコメント
・トラックバックは大歓迎!
どしどしお寄せ下さいませ。

※それ以外のスパムコメント
・トラックバックは容赦なく
削除いたします※









※ブログ内の画像はクリックすると
大画像になります。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログリンク
ブログランキング リンク
オフィス・ショップHP リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
FC2無料サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。