スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと5日ほどで・・・

この前にエントリーした記事にも書いたが
今月は殆ど『くりえいたー』と言える様な仕事はしていない。
UPする画像もU字溝や建設現場の画像ばかりで
なんだか土木工事ブログみたいになっている。
たははは
これもこないだ別の現場で据えたVS側溝で
今日インバート(底の水が流れる部分)を打った。(コンクリートを打設する事)



そんな最近の当ブログを見ていて心配してくださったのか
先日はリフォームや外構関係の会社にお勤めのHさんより
お電話を頂いてありがたいお言葉を頂戴した
Hさん、お電話ありがとうございました



いつも一人で自分の判断と自分の時間軸で仕事をしているのだが、
判断は別としても、とかく自分に甘くなりがちで、知らず知らずのうちに
いつしか都合のいい時間軸で動いていたりする事もあるわけだ。

それに3年位前から自分の『ものづくり』の現場では
他の人と一緒に仕事する事は無い。
自分の世界だけに固まってしまって視野が狭くなっている場合も
あるかもしれない。

もちろん今月行っているどちらの現場でも
拘束されてる感じはしないし、拘束なんてちと大げさな
書き方だが自分の仕事に対する気持ちを引き締める意味でも
おれにとっては時には必要な事のような気もしている。

なんて、かっこつけてもお金の為が殆どだが・・・・
だははは

そうは言っても仕事も色々溜まっているので
今月一杯、あと5日ほどお手伝いしたら、
そろそろ本来の自分の仕事に戻る。


昨日『わたくしごと・・・』にも書いたCさんから届いた電話とメールや、
この間『今年は無理だな』と諦めた事だったけど
今夜掛かってきた一本の電話で『やっぱやるかぁ!?』と・・・
まだ、はっきりと決めかねてるけど来月は少し面白い動きになってくる・・・かな?
そのへんの事は追々エントリーする事になる・・・のかな?

そんなわけで10月からは何となく楽しみにしててくらはい
って読んでる皆さんは何だかさっぱり判らんと思うけど・・・
だはははは
スポンサーサイト

今月は・・・

9月も残すところあと10日あまり、この流れだと
どうやら今月は土木工事月間と呼んで差し支えなさそうだ。
後半も旧知のSさんところのお手伝いをする。
7周年を迎えて初心に帰れっつう事だろうか?

んなわけでこれが土曜日に据えたVS側溝だす。


BF(ベンチフリューム)も据え終わりました。
DSC04846-1.jpg

この夏もそうだったが最近疲れが抜けにくくなっている。
夏場など毎晩足の裏をマッサージしないと眠れぬくらい(って寝てたけど
だるだるだった。
身体は少し締まってきて好いのだが夕飯食うとぐったりなのである
きっと運動不足もあるのだろう。
まっ、とにかくまだまだ老け込んでる歳でもないので気張らねば

明日は久々に自分の仕事をするのでござる。うっきー

そいからあちらのブログが明日で一周年なのでございます。
よろしければお立ち寄りくださいませ
と言ってもアクセス数はあちらの方が全然多いんだけどね

紫夫妻のブログが・・・

先日、紫夫妻のブログがgoo blogからexcite blogへ引越しをした。
goo blogの方もしばらく残ってると思うけどね。
ブログ名も『Slow life & Fishing of purple family』と変り装いも新たに
始まってます

当ブログ共々よろしくお願いいたします


わたくしごと・・・⑪

結局7の月が過ぎても天変地異も核戦争も起こらず
人類は滅亡もせず存続していた。
もっとも随分前から既にそのような戯言は信じてもいなかったし、
また仮にそうなったしても自分自身には
さして悔いも残らない気がしていた。

この年の夏はその後の庭の仕事はまだ決まらず
かみさんと2人で爺婆のように毎日、毎日自宅の庭弄りを
して過ごしていた。
お金の不安や仕事への様々な不安は付きまとっていたが
同じ趣味を共有することで、とても楽しく会話も以前より増えていた。

勤めに出ていると家族と過ごす時間よりも
会社に居る時間のほうが断然長い。
共に過ごす時間を持ちたくて結婚したはずなのに
いつしか一緒に居る時間が少なくなっている。
かみさんはどう思っていたか判らないがおれには幸せな時間でもあった。
この時期には暇に任せて、かみさんの友人のインストラクターの
Y先生から頼まれた伊那祭りで使う看板などを造ったりもしていた。

そんな夏のある日、枕木のデッキを造ったCさんの妹さんから連絡があり
Tさんと言う方をご紹介してくれた。

早速告げられた連絡先に電話して日にちを決め
後日お話をうかがいに行った。
今、家を建築中でもうじき引渡しなのだがアプローチと庭を造りたい、
何社かに設計と見積りを依頼したのだが
なかなか思うようなデザインプランがないので、
良かったらデザインしてみて欲しいとの事だった。

ほぼ完成した建築中のお宅を拝見し更に詳しい話を伺って
設計をはじめた。
誕生月でもある9月1日から本格的に起業しようと社名を決め、
営業し始める少し前の事である。

9月に入ると社名を入れた今と基本デザインは殆ど変らない
名刺を持って本格的に活動し始めた。
ワイズのⅠさんの所や知り合いの所に営業に行ったり、
専務のところからも設計と見積りするよう頼まれたりしていた。

Tさん邸の最初のデザインプランと見積りが出来たので
お話しに伺うとイメージが違うようだったので
再び次のデザインプランを考えた。

この時期、まとまった庭の仕事はまだ決まっていなかったが
前述のS工業の社長さんやS組の専務の計らいで
土木工事や造成工事等の手伝いのバイト等で
何やかやと忙しく飛び回っていたように思う。

飛び込みで営業もしてみたがインターフォン越しの門前払いで終わった。

瞬く間に一ヶ月が過ぎ10月に入り少し過ぎた頃
実家のスタンドのお客さんのKさんが庭の芝を張り替えたり、
少し庭を弄りたいとの連絡が入った。
お宅に伺いどのようにしたいのか等、話を聞いて測量をし、
それこそ寝食忘れるくらい図面を描き始めた。
まだCADも使っておらずレンガの一個一個の部分まで細かく描きこんだ。
図面と見積りを持って再び伺うと、お世辞なのか
描いた図面を飾っておきたいなどと言ってくれた。
DSC02010-1.jpg

描いた甲斐はあったのだが、結局、契約までには至らなかった。

引き続きTさん邸のデザインプランも考えて図面にしてみたが
既に2つくらいのデザインプランが自分の中で没になっていた。

10月の中頃にはCさんの友人のKさんから、この時初めて
【Heart’s Ease/はぁつ いぃず】の先生を紹介された。

まだまだ終わりません後半へ続く・・・

土方づくこの頃・・・

ここのところ土方仕事づいている。
今月に入ってから何だか『ものづくり』らしいことは殆どしていない。
と言っても広義でいえば『ものづくり』には間違いないけど・・・。

今週も中2日は雨の為、外仕事にはならなかったけれど
一昨日と昨日は友人が3年ほど前に何人かと起こした会社で請け負った
土木工事の手伝いに行ってきた。

一昨日は『ベンチフリューム』、一般的にはU字溝と呼ばれる
こんなのを据え付けていて、


昨日は自由勾配側溝(VS側溝)の据え付けをしていた。

何だか当初このブログを始めたころと趣旨が変ってきている気がするが
お立ち寄りの方はあまり気にしないでくらはい
ぼちぼち自分の仕事に戻らなければ、と思っている今日この頃です

わたくしごと・・・⑩

雨の影響で昨日から寒いくらいです。とても半袖ではいられません。
ストーブ焚いたりしちゃってます。
『わたくしごと・・・』シリーズも、いよいよこの仕事を起業するまで
の部分にさしかかろうととしています。
想えば七年前に始めた今頃は37歳に成ったばかりでした(ふっ・・・遠くを見る目)
早かったか、短かったかと言われれば本当に
長く感じる七年だった気がします。
特に3年を過ぎた頃から来る日も来る日も
ローラーで押しつぶされるような毎日でもありました

と言ったわけで44回目の誕生日を迎えた今日、
あらためてこの仕事を始めて歩んできた七年間を
振り返ってみたいと思います。
(とさりげなく誕生日をアピールしるって、さりげなくねぇかたははは)

今回、先日まで仕事のお手伝いに行っていたS工業の社長さんには、
会社を辞めたこの時期、本当にお世話になっていました。感謝感謝
今回も手伝いに行ったのは日当稼ぎは勿論ですが
その頃のご恩返しの気持ちも少なからずあっての事でございます。
と言うわけで始めさせていただきます。

いつもの事ながら、いやいつにも増して長くなってしまいましたが、
よろしくお付き合いくださいませ

――――――――――――――――――――――――――――
話は少しさかのぼるが髄内釘を抜いた手術後初の現場は
下水道の本管工事でS工業と言う初めて仕事をする外注さんだった。

以来Ⅰ社長は何かと懇意にしてくださりプライベートな事を
話す機会も多かった。
会社を辞めること、独立して自分が庭の仕事をやりたい事なども
それとなく話してあった。

会社を辞めてからしばらく経ったある日、
そのⅠ社長から連絡があり中信と北信地方の境辺りにあるある村の
下水工事の現場代理人としてバイトで好いから行ってもらえないかと
打診があった。・・・と言うより結構強力にプッシュされた。

一時期より減ったとは言え当時はまだまだ下水道の本管工事も
村部などはまだまだこれからと言うところで発注もそこそこあった。


ここで少し話はそれるが、公共工事=悪と言う風潮が出来て随分経つ。
勿論、本当に無駄な工事をしていると思える事は多々あるが
実際に地場産業も少なく働き口が少ない村部等では公共事業によって
数少ない商店や地元の業者が潤う事をこのとき実感した。
何でもかんでも都市部の基準や富裕層と思える政治家や県知事が
自分の生活を基準として考える昨今の風潮は如何なものかと
一家言呈しておく。

勘違いされないよう書いておくが、おれは税金を使った無駄な
公共事業を推奨しているわけではない。
不必要な工事は沢山あるのも事実だと思う。
ただ目で見て肌で感じた事を書いておこうと思ったまでだ。

それにわざわざ施工状況が悪くなるような冬場に工事が集中するような
予算編成や役所の発注と言った根本的な部分をそろそろ見直す時期に
来ている気がする。
まぁ最近は公共事業に殆ど関わった事がないので
的を外れている部分もあると思うがご勘弁いただきたい


-閑話休題-


高速を使って家から現場まで一時間と少し遠いのが難だったが
金銭的にも好条件を提示され高速代、燃料代等の経費も
社長さんの会社で持ってくれると言う事で、
まだ本格的に庭の仕事をする体勢になっていなかったおれは
一にも二にもなく引き受けた。
フリーの現場代理人と言うわけだ。

いずれにしろ季節はこれから冬になるわけだし、
その間に出来る事は準備すれば良いと思った。

一緒に仕事をする外注さんも同じ市内のH興業さんだった。
会社を辞めてから僅か10日程で再び現場代理人をする事になったのだが、
会社から解き放たれてフリーとなった今は同じ仕事でも
全然別のものにさえ思えた。

役場の人や地元の方々も親切で一緒に働くH興業の皆も
気持ちの良い青年ばかりだった。
この頃、休日の前には仲間として誘ってくれて
よく呑みに行ったりしていた。
彼らとは今でも友人としてお付き合いしている。

工事の方は大岩が出たり、寒さもきつく何かと大変なことが多かったが
それでも気持ちは軽やかで何より縛られない自由さを大いに満喫し
昼飯に弁当を食っている時など晴れた青空を見て働く事
働ける事の幸せをしみじみと感じたりもしていた。

その村の現場も終わり、そのチームのまま元請けの建設会社のある
近隣の町へ移って何やかやで工事や書類の提出が終わったのは
既に5月も半ばを過ぎていた。

そろそろ長い時間をかけて見つけた本来の道に戻る季節になっていた。

昨日でひとまず・・・

建築現場でのお手伝いはひとまず昨日で終了させてもらった。
と言っても今週中に再び捨てコン打ちの手伝いに行くし、
他の知り合いからもお手伝いを頼まれているので、
もう、しばらくはこんな感じだろうけど・・・。

土木や建築の現場ではいろんな人の思惑が絡み合って
(まぁ沢山の人が携わる仕事は何処でもそうだと思うが・・)
一般の人がガテン系の仕事に抱くようなイメージの
さばさばした男くさい感じでは無い気が汁。

多くは語らないが、意外とせこかったり、裏があったり、
見栄の張り合いの世界だったり・・・
まぁ、ある意味男らしい世界ではあるかもしれんけど・・・。たははは。

勿論、本来の仕事の『ものづくり』に役立つ事、
勉強になることも多いけどね

先週末からのここ数日間はテンションの下がるような事や、
まだこんな人が・・・
と言った別の意味で驚くような事が沢山あった。
まっ違った意味で面白かったけどね。
うけけけ
まぁ、そんな現場に呼ばれてしまう、
おれ自身もその程度なんだと思ったら
もっと精進しなくては、なんてちょびっと反省したりも汁


んで、今日は久しぶりに自分の仕事に戻って
最後の仕上げに行こうと思ったら雨で駄目だし・・・
まぁ、溜まってる設計やら見積もりもあるんで良いのだが

つうことで昨日は雨が降ってきたのもあって3時頃には家へ戻った。
娘がCROPPLUSさんへカットしに行くというので駅まで迎えに行ったついでに送っていった。
【CROPPLUS WEB SITE】
http://www.crop-plus.com/main.html

自分の仕事の現場であるこちらに来るのは一週間ぶり。
既に見慣れた方も多いと思うけど雨の夜のデッキは
撮ってなかった気がしたので携帯で撮影しておいた。
って前に撮ってあったっけ?


           ライトの光を受ける雨のデッキはなかなか美しい。
           060912_1922~0001.jpg

                   お店からの光と影が伸びるこの場所のこの感じは結構好きだ。
                   060912_1945~0001.jpg

            見慣れていても雨の夜はまた別の顔になる。
            060912_1918~0001.jpg

自分の中では『これで良いのか?どうなんだろうと?』
といつも自問自答を繰り返している。
060912_1915~0001.jpg

未だに自分の中でまとまりが見えてこない・・・う~ん

つうことでまとめて今週のお仕事・・・

と言うわけで(ってどういうわけだよ)と
いつもの自慰的突っ込みを入れつつ
今週のお仕事をまとめて書くことにいたしやす。
つっても明日も勿論仕事ですが・・・

『わたくしごと・・・⑩』にも書くつもりですが
現場代理人時代から懇意にしていただいている社っ長さんから、
先日、と言っても8月の終わり頃ですが
『いやぁ、こじ君、今仕事の方忙しい?、ちょっと、
空いてる時に手伝いに来てくれるかなぁ?』
とお電話がありまして小金も稼ぎたいのと
以前からお世話になっている事もあったので
『来週なら、いいっすよ』と返事をしたわけであります。
んで今朝も書いたように火曜日からそちらの現場へお仕事に
いってるわけでございます
現場はある会社の店舗と言うか倉庫と言うか
まぁ早い話が建物を作るわけですな。

んで社っ長さんとこでは建物の基礎やら付随する土木工事や
舗装の基礎路盤等の工事を請け負ったようでございます。
って詳しくは知らんけど・・・。

9月5日(火) 
先日打った(おれはいなかったけど)フーチングの上に型枠大工さんが布基礎の型枠を組めるように
Mさんと墨出ししていく。
そういえば書き忘れたけど31日の日に捨てコンの打設の手伝いに来てた。
DSC04664-1.jpg

そいから柱を立てるためのアンカーボルトを所定の位置に溶接していく・・・のは社長だけど、
Mさんと3人で決めていく。
右側の奥の見切れてるのがアンカーボルト。
060906_1011~0001.jpg


9月6日(水) 
昨日取り付けたアンカーのナットにコンクリートが付かないよう
細工したりしてたら激しく雨が降ってきた
合羽も長靴も忘れてパンツまでびしょびしょになる。

終わったので路盤を作るために0.25㎥のバック・ホーで漉き取りをする。
DSC04665-1.jpg

と言うかとりあえず雑草を漉き取る。
060906_1434~0001.jpg

雨が激しくなってきた。
あまり土を弄らない方が良いので少し早めに終了

なかなか更新出来ず・・・

今週は自分の仕事を離れ、火曜日から
ちょっとお手伝いに行っているのですが
なかなか更新出来ずに金曜日になってしまった

んで、今週は何をしているかっつうと・・・

9月5日(火) 
建物の基礎の丁張だす。
丁張とは・・・簡単に書くと構造物の高さや位置などを板などで示して
施工できるようにしたもの。


建築現場や土木の建設現場で目にした事もあるでしょう?

って時間が無いので、今夜こそは更新いたします。
そいぢゃ

樹の精?気のせい?

土曜日に『つまらんもの』を造った後
薄暗くなりかけた中、デッキ奥の部分に試しに少しだけ"蔓(つる)"を
這わせてみようと思って始めたところ何かに取り憑かれるように
結局全部這わせてしまった
DCP_6275-1.jpg

     この蔓はこの間、枝を伐った樹に撒きついていたものだけど
     そのまま捨てて朽ち果てさせるのも忍びなかった。
     DCP_6278-1.jpg

            もともと此処にはもう少し何かしないとまとまらないと思って
            蔓かなんかを這わせれば好いと思ってたので丁度良かった。
            DCP_6284-1.jpg

白熱灯のクリアランプの光のせいなのかもしれないけど
蔓を這わせていたら幻想的な気分になってきた。

この位の時間にと言うか、ライトの光の下で何か造ってたりすると
周りが見えないせいもあるのだろうが時間を忘れるほど
集中してものを造っている事がよくある。
何かが降りて来たように自分以外の力が作用している
と、思える事も多い。
DCP_6285-1.jpg

樹の精なのか?気のせいなのか?たはは。


ほんとは今日這わせる予定だったけど、昼間だとこんな感じ。
DSC04653-1.jpg

           DSC04654-1.jpg

                    DSC04655-1.jpg

DSC04656-1.jpg

塗装したあと
DSC04658-1.jpg
          
             塗らない方がインパクトがあったかな?
             DSC04660-1.jpg

塗装したら妙に馴染んでしまってあまり目立たない・・・気がするのは
樹の精?もとい気のせい?
DSC04661-1.jpg

ライトの光だとまた違った感じになるので何とも言えないけど・・・。

詰めの作業に入っているが明日から土曜日くらいまで
頼まれて土方しに行くので、
しばしこちらはお休みだす。

わたくしごと・・・⑨

日中は暑い日もありますが季節は夏から秋へと徐々に移り変わっています。
確か10年程前に敷いて庭の仕事を始めるきっかけの一つにもなった
この耐火レンガの通路も周りの丸太が一部朽ちたりして
少し様変わりもしていますが通路は更に地面と馴染んでいるように思います。
CozyGarden191.jpg

朽ちていくもの、変らぬもの、馴染んでいくもの・・・
時の流れは季節のように移り変わっていきます・・・。


家を建ててからこの年の秋で4年の月日が経とうとしていた。
その間には今までも書いてきたように様々な事があった。
家の周辺の状況も建てた当初とは大きく様変わりしていた。
家の横には最初の入院の時に工事中だった大きな道路が一部を除いて開通した。

しかしながら我が家の庭の方は具体的なプランも浮かばないまま
いたずらに時間は過ぎていった。
南の敷地境には現場で余った間知ブロックを横に2段ほど自分で積んだだけで、
この時はやる気も起こらず、たまの草刈も仕方なしにやっていた。

会社の方は社員も増え現場代理人ばかりが多くなり仕事が分散され
現場事務の女子社員も増えたので役所へ提出する竣工書類も
以前のように徹夜するほどのことも無くなった(勿論時にはあったが・・・)
そんなわけで残業や休日出勤も極力しないようにと言うお達しが出て
それに伴い時間が出来たのと比例して給料やボーナスも徐々に目減りしていった。

公共事業自体も社会情勢と共に徐々に減り出していた。
月に2回ほどあった原価会議も現場の状況にあまり関係なく
少しでも実行予算を割りそうなら社長や専務から容赦ない叱責が飛んだ。
もっともお気に入りの社員には少しばかり物腰も
柔らかい感じにもなっていたが・・・
おれはと言えば、勿論、容赦ない方が多かったわけで・・・たははは。
会議が近づくにつれ代人達は自然とピリピリとした空気をかもし出して
社内の雰囲気もあまり好いとはいえない状況だった。

そんな状況もあって入院後から行っていたスイミングに1日おきに通い
フラストレーションを発散するかのようにジムでひたすら身体を鍛えていた。
飲みに行けば会社の愚痴と悪口が以前にも増して口をついて
出るようになり、あまり美味い酒を呑んでいるとは言えなかった。


社会や会社の情勢のせいか民間の工事も徐々に増えていった。
そんなある日、以前造成中に手伝いに行った事のある住宅団地にある
一件のお宅から庭にする部分の土の入れ替え等の土工事や
貼り芝等外構工事の仕事が発注され、おれのところに仕事が回ってきた。

測量に行き概要のデータを上司に提出すると程なく契約できたようで
それ程時間を空けず着工する事になった。
当時は今みたいに自分で施工するわけでなく(勿論手伝ってはいたが・・)
施工管理やら材料の発注など、あくまで現場代理人としての仕事をしていた。
工事も進んだある日、お施主さんから庭の設計をして欲しいとの
依頼があったので事務所で図面を書こうと考えたのだが
いかんせん知識も経験もなく、なかなか進まなかった。
工事の方は概ね順調に進んでいたのだが、
一向に出来ない図面に痺れを切らしたのか
『このようにお願いします』とお施主さんご自身で描かれた図面を手渡された。
一通り工事も終わったので挨拶に行くと
玄関のアプローチや駐車スペースも弄りたかったようだった。
一部施工してもらった外注の業者さんとお施主さんとで
直接話をしてもらう事にした。

会社にも上司にも報告せず勝手に判断してしまったが
現状の今の会社の体制で本当にお客さんの満足できる庭が出来るのか
甚だ疑問だった事も根底にはあった。

後日そのお宅の近くを通りかかると石積みの花壇や
石貼りのアプローチや庭にはパーゴラが出来ていた。
チャイムを押して出てこられた奥様と話をすると
たいそう喜んでおられた。


一体何処の誰が喜んでいるのか判らず、時に役所、時に会社、
時に地元、時に外注さんからのクレームはあっても
喜んでいる人々の顔が見えず、
事が起きれば責任の重い割に合わない現場代理人という仕事に
以前から抱いている疑問がふつふつと沸き起こっていたが
会社を辞めて何をすればいいのか、
でも会社に勤めていれば給料はもらえる
といった感じで、ただただ漠然と、
もやもやしたものを抱えて日々を過ごしていた。

( ´,_ゝ`)フ・・・またつまらんものを造ってしまった・・・

昨日は朝のうち、あれこれと家で事務仕事してて
『さてぼちぼち現場へ出かけるか』と思ったところへチャイムが・・・
玄関先でお話ししたところ『ハーツイーズ』さんの庭を見て
わざわざ拙宅へ訪ねて来てくださったそうだ

本当にありがたい事である涙が出そうになる

うちは看板も出してないし事務所もないし電話帳にすら載せていない。
依頼してくださるお客様は業者さんの紹介も一部あるが殆どは
7年前と基本デザインは殆ど変わっていない自分で印刷している名刺からか、
今まで造らせていただいたお客様からのご紹介か、
造った庭を見て昨日のK様のようにお客様ご自身でお店の方に聞いて
直接訪れてくださったりご連絡下さったりする方とかだ。

別に偉そうにしているつもりでもなく、
せめて看板位は出そうかとも何度も考えたりしているのだが・・・
考えてるうちに7年過ぎた・・・たはは。
あと電話帳もか・・・。だははは

まぁ、とにかくそんなわけでそれからK様のお宅を訪れて打ち合わせをし
材料など仕入れていたら昼になった。

昼飯を食って午後一で『CROPPLUS』へ・・・

草刈りや伐った枝の片付けも前日の雨降りに終えていたので、
あとは2、3本の枝を切って以前使っていた柵を斜面に付けたり・・・
で環境美化委員の仕事を終えて、ものつくり委員の仕事に戻る・・・
予定だった


草刈り作業中に片付け用に簡単な作業道は作ったのだ。
DSC04641-1.jpg

最後の部分の階段もこれはまぁ作業上あった方が良かったので
これはこれで必要なものでもあった・・・ので良いのだが、
DSC04643-1.jpg


柵を取り付けて余った柵を一番高い斜面上の敷地境へ付けている時
何だか下の斜面が危なそうで気になってきた。
ここへ上がってくる人も殆ど居ないと思ったけど
『一応手すり付けた方が安心だよなぁ・・・』なんて考え出しているうちに、
結局、薪用にまだ刻んでいなかった枝で手すりを作り出してしまった。
DSC04650-1.jpg

作ってるうちに『やっぱおれってバカだなぁ・・・
フッまたつまらんものを作ってしまった・・・』と
一人納得し可笑しくなってきた。
DSC04652-1.jpg

ほんとは昨日からだけど・・・【わたくしごと・・・番外編】

1999年の9月1日に創業して以来一昨日で丸7年経ちました。
まだ7年か、もう7年か・・・
あっという間か、ジリジリとなのか・・・
よく判りませんが、とにかく7年と言う時間が経過した事には間違いありません。
20世紀から21世紀へと変り
年齢も30代から40代へ
小学生と保育園児だった娘と息子も高校生と中学生になりました。

振り返れば、この7年間、本当に色んなことがありました。
が、とりあえずこうして今でもこの仕事を続けてこられたのも
(辛うじてですが・・・たははは
お客さまや家族や友人や周りの人たちのお力添えが有ったからに他なりません
本当に感謝しています

いつまで続けられるのかも先の事など判りませんが
世の中に必要として下さる方がいらっしゃるうちは
身体と気持ちの続く限り頑張って生きたいと思います

『わたくしごと・・・』シリーズも丁度この仕事を始めるまでの経過を
書いている途中です。
今日か明日にはエントリー出来ると思うので、
よろしければ、またまたお付き合いくださいませ

【ほんとは昨日からだけど・・・】八年目に向かって更なる飛躍・・・
をするかどうかは判りませんが相変わらずのマイペースで飄々と
歩んで生きたいと思ってます。

本日も全ての皆々様が良き日となるようお祈りしております

                                こじぞう
プロフィール

こじぞう

Author:こじぞう
いろいろつくりまふ。むふふ
趣味・プライベート記事の
こちらのブログもよろぴくね!
『こじぞうの なちゅらる はいぃ!』



お手数でございますが
初めてお見えになった方は
『はじめに…(序章)』
をお読み頂ければ幸いにございます。

記事に関係するコメント
・トラックバックは大歓迎!
どしどしお寄せ下さいませ。

※それ以外のスパムコメント
・トラックバックは容赦なく
削除いたします※









※ブログ内の画像はクリックすると
大画像になります。

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログリンク
ブログランキング リンク
オフィス・ショップHP リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
FC2無料サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。